メルマガ会員登録

BIRDIE Facebook

商品検索
Search Items

ペット用品(犬・猫)
Pet Items

Luxebirdie
犬種で選ぶ
迷子首輪(IDカラー)
首輪(カラー)
迷子札(ネームタグ)
胴輪(ハーネス)
リード
犬の洋服
キャリー・マナーバッグ
ドッグ・キャットフード
おやつ(トリーツ)
猫用品

オーナーアイテム
Owner Items

トリミングエプロン

最近チェックした商品
Favorite Items

 

忘れないで!! ペットの防災対策

ペットだってパニック!水とフードは余分にキープ
避難所でも安心して眠れるためにどうするトイレ問題

パニック時のペットの行動

人間も家も含め、取り巻く環境が一瞬にして大きく揺らぐ災害時には、大型犬から小型犬、猫たち全てがパニック状態に陥ります。

こんな時には、普段は飼い主のそばから離れない子でも、ひとりで外に飛び出してしまったり、緊急事態の恐怖と驚きで、小型犬でも、飼い主が抱え込んでも制御しづらいくらいの力で暴れてしまうこともあります。どこかに隠れていて、行方不明になってしまう事態も予想されます。

そんな事態に備えて、ペットには必ず身元がわかるものをつけましょう。

BIRDIEでは、ペットを迷子にしないための、名前と電話番号が刻印できる首輪とネームタグをお作りしています。首輪タイプは、落としてしまう心配が無いので、防災対策の必需品として、特におすすめです。 大切なペットが迷子になってからでは遅すぎます。万が一に備え、普段から準備をしておきましょう。


また、鑑札をつけることもおすすめです。BIRDIEの【鑑札ホルダー】の裏に飼い主の名前・住所など手書で書き込むことができます。

【プチレザーハートネームタグ】は本革ハートの裏に油性ペンなどで連絡先をかいて首輪などに着けられるお手軽な迷子札です。

ペット用の水とフードは普段から用意を

災害時に備え、ペット用の水とフードは最低でも1週間分は用意しておきたいものです。 ふだん食べているドライフードなら、未開封のものを最低でも1袋。缶詰やレトルトなら長期保存ができるので、多めに買い置きしておけます。
缶詰とレトルトはフード自体に水分が多く含まれていますから、水分補給にも役立ちます。

「eateat」のフードは、常に新鮮な状態でお客様にお届けするために、国産少量生産を行なっています。 災害用に備え、最後の一袋を開封する前に次回分のフードをお買い求めいただくことをおすすめいたします。

避難所でも安心して眠れるために

被災後、自宅での生活にペットと一緒にすぐに戻れればよいのですが、避難所での生活など、環境の変化を余儀なくされることも考えられます。そのときは、安心して眠れるようなスペースをペットにも確保してあげたいものです。そのときのために、BIRDIEでは、緊急 避難時のキャリーとしても、避難所でのクレート(ハウス)としても使える【ドーム型キャリー】をおすすめします。

ドーム型なので、自分だけの安定した空間が確保されますし、目の細かい丈夫なメッシュ張りの側面の窓から飼い主さんを確認できるので、ペットが安心感を持てます。 ソフトタイプのキャリーもご用意しておりますが、災害時には、軽量で安定感のあるドーム型キャリ ーがおすすめです。

※自治体により避難所へのペット同行避難の可否が異なっています。あらかじめ、ご自分の住む自治体の防災計画等を調べておきましょう。

キャリーバッグの中でおとなしく過ごせるように 普段からバッグに慣れさせておくことも大切です。

キャリーバッグを、動物病院など苦手な場所に行く時のものと認識してしまっているペットには、キャリーバッグでの楽しいお出かけを経験させてあげてください。普段、家の中でもキャリーバッグを置いておき、その中でおやつをあげたり、眠ったり、居心地のいい安心 な場所であると認識させると、ストレスをあまりかけずにキャリーバッグで過ごせるようになります。

衛生面の配慮も忘れずに

非常時こそ、私たち、ペットと暮らす者のモラルが問われます。 避難所では、動物が好きな人も、苦手な人も一緒に過ごすことになります。 パニックになったペットが、吠えたり、人を噛んだり、徘徊したりしないように、普段からペットとの信頼関係を築き、飼い主がペ ットの行動を制御できるようにしておかなければなりません。

また排泄の問題は、飼い主が気をつけていれば周囲に迷惑をかけずにすみますから、トイレシーツは多めに用意しておきたいものです。

ただ、使用後のトイレシーツは、ビニール袋で密封しても、どうしても臭いが漏れてしまうもの。BIRDIEでは、強力な消臭効果のある生地を使用したマナーバッグ【ピックパックLサイズ】をご用意しています。

普段のお散歩ではSサイズで充分な小型犬でも、災害時用にはLサイズがお勧めです。Lサイズなら、汚物がなかなか捨てられない状況でも、使用済トイレシーツや数回分のウンチを、臭いを気にせずに保管しておけます。

また男の子であれば【マーキングガード】を使用すれば、マーキングを気にして長時間抱っこしたまま、という状況にならずに済みます。

その他

災害時には、瓦礫(がれき)の中を歩くことも予想され、ガラスの破片などで肉球を傷つける危険があります。ペット用の靴を用意したり、ハンカチなどをガムテープで足先に巻くなどの工夫をして、肉球を守ってあげてください。

また、ペットの体を拭いたり、怪我をしたときの止血、防寒などさまざまな用途で役に立つタオルや、怪我に備えて消毒薬や包帯も用意しておくと便利ですね。




文中の被災地の写真は災害写真データベースさまよりお借りしました